お肌の美白とターンオーバー

UVカット対策だけでは紫外線から逃げられない

女性にとって白い肌は憧れですね。

 

白い肌を保つために紫外線をブロックするUV効果のある化粧品を利用している女性は多く、日焼け止め対策をしない女性を探すほうがむずかしいくらいですね。

 

もちろん紫外線は夏だけでなく一年中降り注いでいますから、外出する際は毎日ケアしなければなりません。

 

ただ、紫外線は予防していても全く受けないということは不可能です。

 

洗濯物を干すベランダや、日当たりのいいリビングでゆっくりしている時など、家の中にいても生活紫外線を浴びます。
また、UVカットの化粧品やグッズを使っても、夏の強い紫外線を完全にブロックすることはできません。

 

 

美白対策にはUVカットだけでなく肌のターンオーバーも意識しよう

 

浴びてしまった紫外線はメラニン色素を生成してシミやくすみといった肌トラブルを引き起こします。

 

美白肌を保つためには、肌のターンオーバーを正常に保つ必要があります。

 

ターンオーバーとは肌サイクルのことで通常は28日周期となっていますが、老化や睡眠不足、不規則な生活習慣などで、その周期はどんどん伸びてしまいます。

 

紫外線を浴びてもターンオーバーがスムーズに行われていれば、シミやくすみといった色素の沈着を予防することができるます。

 

このターンオーバー(肌の再生リズム)が短いほど、新しいお肌をが生まれるまでの周期が短いので、シミや日焼けなどトラブルのあるお肌から、白く綺麗なお肌に生まれ変わります。

ターンオーバーをサポートするには

 

加齢や生活習慣の乱れ等が原因となってターンオーバーが乱れてしまった場合は、睡眠をたっぷりとることが大事です。

 

特に、お肌のゴールデンタイムと言われる夜10:00~深夜2:00には熟睡をできるように生活リズムを整えましょう。

 

その他、ビタミンやミネラルなど、細胞を生み出す栄養や女性ホルモンの分泌を促す食材を意識して食べるようにするなども効果的です。

 

美白化粧品の効果にもターンオーバーは大事

 

美白成分をたっぷり配合した化粧品を使ってケアを行う時にも、肌のターンオーバーが正常であるほど効果が現れやすくなります。

 

ターンオーバーがしっかりと行われると、肌の再生のために古い角質を上に押し上げるからです。そのため肌の奥にできたシミの元などまで美白成分が届いて、日焼けやシミ・そばかすなど色素の沈着を予防するのです。